仕事選びで失敗しないためには業界の比較が大切

新卒の学生が就職活動をする時には、金融業界や、航空会社、旅行会社の倍率が特に高くなります。

学生が好む業界としては、この他にはサービス業や情報関連企業など、知名度の高い会社が含まれている業界を含むようです。

新卒ではなく転職の場合には、希望する業界は少し異なってきます。

新卒者の就職活動から一転して、中途採用者の転職活動ではIT業界や、製造業の希望者が多く、サービス業は求人倍率が低くなりがちです。

業界の人気が、新卒者と、転職希望者で異なる理由はどこにあるでしょう。

サービス業は、じかに目で見るまでは表側しか見えなかったとしても、実際に社会で仕事をすると、サービス業の裏側などにも目がいくようになります。

サービス業は、外から見る限りでは華やかで憧れる要素が多いようにも見えますが、実際は離職率がとても高い業界で、やめる人が後を絶ちません。

サービス業の厳しいところは、土日祝日などの暦の上では休みの日でも休みがもらえなかったり、サービスを提供する側として接しなければいけないところなどがあります。

サービス業は景気の影響を受けやすく、給与にも敏感に直結するので、収入が安定しないという面もあります。

たくさんの人が、人が羨む仕事を優先しがちですが、その業界でやっていけるかはその人次第です。

子供のころからなりたかった念願の仕事でも、業界の動向についてはきちんと下調べをして、現状を把握するようにします。

一度入社した仕事は軽々しく変えることはできませんので、仕事の中身や職場環境だけでなく、業界の動きも押さえておきましょう。