再就職をする時の退職のタイミングについて

再就職を希望している人の中で、現時点で働いている会社にまだ勤めていられるのなら、今のうちに情報収集を一通り済ませておきましょう。

現在の仕事を退職してから、再就職できるところを選ぶつもりでいるなら、考え直したほうがいいようです。

仕事を辞めてから転職するとなると、無職の状態に身を置きながら就職活動をすることになります。

思ったよりも再就職先を見つけることがうまくいかずに、時間をかけてしまうこともあります。

辞めた後で仕事探しをしていると、希望の仕事がなかなか見つからないとか、今はいい募集がある時期じゃなかったというケースもあります。

今の会社で仕事をしながらできることはやってしまって、ある程度目処が立ってから、再就職の手続きをとる必要があります。

下調べをした結果、現在の自分では再就職が難しいと感じることがある人もいます。

年齢の壁は、思った以上に高いハードルになります。

年齢や、性別で採用の可否を決めてはいけないということに、表向きはなっています。

法律で禁止されていることですが、募集内容に記載されていないだけで、企業側にはしっかりと採用予定者の年齢制限は存在しています。

求人欄に年齢制限がないから、採用の見込みがあるだろうと再就職試験を受けてみても、さっぱり結果が出せないというケースもあるようです。

だからと言って、若いことがそれだけで再就職に有利になるということもありません。

できれば仕事をしながら再就職先を探し、退職後はどういう日程で次の仕事につくかをはっきりさせるほうが望ましいものです。