消費者金融系と銀行系カードローンの違いと注意点

カードローン融資を利用する時には、消費者金融系と、銀行系のどちらのカードローンにするかを決めておく必要があります。

納得のいく融資の受け方をするためにも、どちらのカードローンを使いたいかを、自分の中でまとめておきましょう。

総量規制の制限内での融資をしなければならないほうが消費者金融系で、総量規制の適用外なものが銀行系です。

総量規制とは、貸金業法という法律で定められたルールの事ですが、年収の3分の1を超えての借入ができないという決まりの事を指します。

この総量規制は、主に消費者金融からの借入が対象となりますので、銀行からの借入や住宅ローン、マイカーローンなどは対象にはなりません。

ただし、銀行系のカードローンは総量規制に該当せずとも、年収の3分の1を越えるような金額が銀行から融資可能かといえば、一概には言えません。

年収に対する返済金額の比率を返済比率といい、返済比率が高くなりすぎないことは、カードローンの審査では必ず確認している点です。

銀行系カードローンは、総量規制とは関係はないですが、年収の1/3以上の金額を借りたいといっても、そう簡単にはOKは出ません。

銀行系のカードローンは、貸しつけ上限額が高く設定されており、低い金利で借りることが可能です。

金利面では、消費者金融系では、殆ど上限金利が18%なのに対し、銀行系では14%程度のところもあり、これは大きな違いです。

限度額については、消費者金融系が最大300万円程度のところが殆どであるのに対し、銀行系では最大800万円や1,000万円という大きな限度額を設定している銀行系カードローンと、消費者金融系カードローンの違いを理解した上で、使いやすいほうを選択するようにしましょう。