複数ローンを一本化するおまとめローンのメリットとデメリット

もしも何社かから借りているローンを同時並行で返済しているなら、一本化を検討してはどうでしょう。

どんな長所と短所があるのかを踏まえた上で、ローンの一本化を行うといいでしょう。

ローンの一本化について検討すると、大抵の場合が短所より長所になる部分が多くなりますので、可能ならローンを一本化して、返済しやすい状況をつくることです。

複数のローンを並行して返済するよりも、一社にまとめて返済したほうが、返済の進捗状況を把握しやすくなります。

複数のローンがあるということは、金融機関だけでなく、金利や返済日についても複数あるので、返済トラブルも起きやすくなります。

うっかり返済日を失念してしまうというミスをなくすためにも、一本化することは、合理的な行動といえます。

高額の融資になるほど金利は低くなりますので、一本化ローンで低金利に借りかえれば、返済がしやすくなります。

複数社から借りているローンの合計金額が高くなるほど、低金利での借りかえができれば、利息額を小さくすることができるようになります。

おまとめローンの弱点といえば、金融会社の審査に通ることが難しく、借入先選びに難航する可能性があることです。

いわば多重債務者に対して融資をする金融会社がどの程度あるのかという話です。

利用しているローンが多い人に融資をすることは、金融機関にとってもリスクが大きいので、審査を厳しくせざるを得ないという事情があるのです。

もしも審査に通ってローンの一本化をしてもらえれば、月々の返済はぐっと楽になりますので、一度は一本化について前向きに考えてみてください。